スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Distant Worlds: music from FINAL FANTASY THE JOURNEY OF 100 に行って来ました( ´ω`)ノ④ 

コンサートも終わり熱狂も冷めやらぬ中

待ちに待った「MEET&GREET」の時間が迫ります


20150125054818bc4.jpg


中に入るとFF3の悠久の風(原曲)が流れていました

すぐ目の前に席があり、ここにあの植松さんが来るのかと不思議な気分になりました






管理人にとって植松さんはとてつもない影響を与えてくれた人です
中学の時に友達にやらせて貰ったPSの「FF7」

今でも当時の衝撃は忘れないです
すぐに自分もPSとFF7を買い毎日朝から晩までやっていました


初めて触れる強烈なストーリー、綺麗なグラフィック、そして心に響く音楽


歴代FF1~6(スーファミ)のサントラが流れる部屋でその事を思い出す管理人


思えばこの人のゲーム音楽にどのくらい触れたのだろうか

PSではファイナルファンタジーシリーズ
360でもブルードラゴン、ロストオデッセイ
wiiではラストストーリー
細かいところでは数々の作品に出会いました

管理人のゲームライフはこの人無しでは考えられないと思います

そんな植松さんに遂に会える。感無量でした




部屋に入って20分ほど経った頃

拍手とともにラフな格好で現れる植松さん、アーニーさん、白鳥さん、スーザンさん
先程までステージの上で素晴らしい演奏・歌を披露してくれた方がすぐ目の前に

( ´ω`)。○(不思議な光景だ・・・)

( ´ω`)。○(あのFF作曲者の植松伸夫が目の前にいるよ・・・あのノビヨ師匠が・・・)



MEETGREET.jpg

↑の画像とは違う格好でしたね。皆さん笑顔で色々な話をされました


100曲以上のレパートリーでみんなが聞きたい曲を演奏するのは、時間が足りないけど
いつかやってみたいという話と、今回の公演は101回目、次の200回目に向けての
第1歩だという話が良かったです

200回目にも是非参加したいものです( ´ω`)


白鳥さんが時間の都合上で退席後
握手&サイン会が始まり列が進み始めます。人数は全部で100人程だったかな?

握手だけなのですぐに終わるのかと思いましたが、1人1人しっかりと話が出来てびっくりでした

管理人以外の方の挨拶を聞いていると
本当にみんな植松さんの音楽が大好きなんだなーと思いましたね

それを聞いているだけでも面白かったです

前に並んでいた方が誕生日で、アーニーさんの掛け声とともにみんなで
「HAPPY BIRTHDAY」を歌ったり楽しい時間を共有できました



そして遂に管理人の番が来ました

アーニーさん。スーザンさん。植松さんの順に握手&サインをして貰います

アーニーさんには最高の演奏への感謝を
スーザンさんには素晴らしい歌声への感謝をそれぞれ伝えました


植松さんには「会えて夢のようです」と伝え

「こんなおっさんでごめんね」と言われ笑いあい、その他に幾つか会話をし

管理人の「MEET&GREET」は無事終了しました



植松さんは想像通り優しく素敵な方でした
手が思っている以上に大きく、そして暖かかったです

アーニーさんも、スーザンさんも同様です
大切な思い出の1つになりました

寒い中待っててくれたケン坊にも改めて感謝を

改めてとても濃い充実した1日でした


IMG_1313.jpg

セシルの所にスーザンさんに落書きされましたwとてもお茶目な方でしたね( ´ω`)




最後に管理人お勧めの動画を




自分が良いと思って発信した音楽を、聴いてくれる人が良いと思えば
そこに繋がり・共感が生まれる

音楽は人と人とを繋ぐコミュニケーションの手段なんじゃないかと思いますね



自分もそう思います!!



Distant Worlds: music from FINAL FANTASY THE JOURNEY OF 100に行って来た

長々と4回に分けて書きましたがこれにて終わりになります

読んでくれた方ありがとうございました( ´ω`)ノそれでは




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snowily360.blog36.fc2.com/tb.php/565-07487b16



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。